PyCharm CommunityでDjangoをデバッグする

今までDjangoの開発はAtomエディタをメインに頑張ってきましたが、遂にPython IDEの中でも人気のあるPyCharmを使うことにしました。というのもPyCharmの有料版でないとDjangoは使えないと思っていたのですが、今回無料版のCommunitiyエディションでDjangoのデバッグが出来たので今後PyCharmを使っていこうかなと思った次第です。以下にそのデバッグ方法を書いておきます。

Run/Debug構成の設定

設定を開く

設定

「Script path」にmanage.pyを指定し、「Paramaeters」にrunserverと入力する。
なお、「Environment variables」で環境変数を設定できるので、”DJANGO_SETTINGS_MODULE”にLocal用settings.pyを指定して本番環境用のsettings.pyと分けて運用することも簡単にできます。

デバッグ起動

デバッグ起動

デバッグモード選択

デバッグを起動する際に先ほど設定した構成を選択すれば、デバッグモードでサーバーを起動できます。