[Forex Tester 4] チャートスクロール連動機能のお薦め設定とチャート間で揃える位置を変える方法

Forex Tester 4(FT4)では複数チャート(同一通貨ペア)間でスクロールを連動させる事が出来るようになりました。初期状態では右端の時間が各チャート間で揃うように連動されます。図1が右端揃えで15分足をスクロールした時のスクリーンショットです。同期させた垂直線を見ると上位時間軸になるにつれて右端に寄っているので未来が見えにくい設定です。逆に、左端揃え(図2)だと過去が見ずらい設定になるので中央揃え(図3)がお薦めです。

スクロール時に揃える位置の設定は「表示」→「チャート設定」で表示されるウィンドウの「全てのチャート」タブ(図4)の赤枠部分で設定できます。

 

▼図1 右端揃えFT4_チャートスクロール_右端

 

▼図2 左端揃えFT4_チャートスクロール_左端

 

▼図3 中央揃えFT4_チャートスクロール_中央

 

▼図4 スクロール時に揃える位置
FT4_スクロール揃える位置設定

 

ft4_package Forex Tester 4の公式サイト

 

【関連記事】
Forex Tester 4を買ってみた件
Forex Tester 3 ベーシックプランでも最新データをインポートする方法
Forex Tester 3 過去データのインポートでは時差設定にご注意を
Forex Tester 3 VIPデータサービスの更新キャンセル方法
Forex Tester 4 のヒストリカルデータはどのブローカーを選べばよいのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です