単利と複利、損切り位置に対する感覚の違い

私は普段のFX裁量トレードに自作トレード用ツールFxTradingToolを使っているのですが、このツールでは単利モード(毎回同一ロットで注文)の他に複利モード(資産に対する許容リスク設定によって毎回自動でロット計算して注文)があります。

単利モードでは毎回同じロットで注文を出すので損切り位置はなるべく浅く済ましたいという思いが働きます。それに対して、複利モードでは損切り位置が浅かろうが深かろうが損切った場合のコストは変わりませんので、むしろ報酬比率(リスク・リワード・レシオ)をなるべく大きくしようという思いの方が強く出ます。

もちろん複利にしても損切り位置を浅くした方が報酬比率が大きくなる可能性があるのでその方が良いことには変わりはないのですが、損小利大に関わる報酬比率は長い目で見たら重要なことなのでこの意識が高まる複利は単利よりメンタル面でも有用だと言えるのではないでしょうか。