新鋭海外FXブローカーのHotForexをXMと比較してみる

HotForex(公式サイトはこちら)は2010年設立とまだ若い海外FXブローカーですが、他社には無いサービスを次々とリリースし利便性もどんどん改善しているようなので本番口座を開設しその実力を評価してみました。

今や大人気のXMをかなり意識しているようで、公式サイトの雰囲気までXMに似ていますww。そこで本記事ではXMと本番口座の実際のスプレッドなどを比較検証してみようかと思います。

その前にHotForexの口座種類を下表にまとめておきました。HotForexは8種類も口座がありややこしいですので。。

  マイクロ プレミアム FIXED ZERO VIP AUTO PAMM HFCOPY
取引方式 STP STP STP ECN ECN STP N/A N/A
最大レバレッジ 1,000倍 400倍 400倍 200倍 300倍 400倍 300倍 400倍
手数料 なし なし なし 往復1lot=
0.8pips
往復1lot=
0.6pips
なし なし 勝ちトレードに最大35%の報酬の支払い他
最低入金額 5$ 500$ 500$ 100$ 20,000$ 500$ 250$ 100$
取引ツール MT4
MT5
Web
Mobile
MT4
MT5
Web
Mobile
MT4
Web
Mobile
MT4
Web
Mobile
MT4
Web
Mobile
MT4 MT4
Web
Mobile
MT4
Web
Mobile
ボーナス あり あり あり なし なし なし なし なし
コメント

・少額からのSTPはこの口座から 

・一般的なSTP口座 ・スプレッド原則固定でもかなり広いので特殊な取引向き ・一般的なECN口座 ・最低入金額は大きいがZERO口座より手数料が小さく有利 ・自動売買専用口座
・スペックはプレミアム口座と一緒
・個人トレーダーは口座開設不可 ・好きなトレーダーをフォローして同一トレード出来るサービス

※取引方式について一般的な解説はこちらにまとめています。よく分からない方は参考までにご参照下さい。

HotForexとXMの本番口座 同時間帯スプレッド比較

HotForexのプレミアム口座(STP)/ZERO口座(ECN)とXMのスタンダード口座(STP)/ゼロ口座(ECN)を同じ時間に並べて撮影した動画です。口座はSTPとECNそれぞれ最もオーソドックスでかつ両社で同じタイプの口座を選んで比較しています。
欧州時間とニューヨーク時間が重なりトレードが最も活発な22時台に撮影しました。
主要8通貨ペアの価格とスプレッドの変動を比較確認出来ます。
スプレッドは「!」列になります。この値はポイントなのでpipsにするには1/10にして下さい(15であれば1.5pips)。
(もしポイントとpipsの違いが曖昧であればこちらの記事を参考にしてみて下さい)

左上: HotForexプレミアム口座(STP)
右上: XMスタンダード口座(STP)
左下: HotForex ZERO口座(ECN)
右下: XMゼロ口座(ECN)

HotForexとXMの取引コスト比較

スプレッドも加味した取引コストをpipsで比較したのが下表です。

スプレッドは上記で実測したスプレッドの中央値を採用しました。

STP口座に関しては両社に違いはないようです。ECN口座ではHotForexの方が有利という結果になりました。ECNのVIP口座はZERO口座よりさらに固定手数料が安いのでかなり取引コストを抑えたトレードが可能です。取引コストがかさむスキャルピングにHotForexのECN口座はかなり使えそうです。

  HotForex XM
STP口座

<プレミアム口座>

スプレッド中央値: 1.6pips

<スタンダード口座>

スプレッド中央値: 1.6pips

ECN口座

<ZERO口座>

スプレッド中央値: 0.2pips
固定手数料: 0.8pips
———————————-
合計: 1.0pips

<ゼロ口座>

スプレッド中央値: 0.1pips
固定手数料: 10USD(約1.05pips)
———————————-
合計: 1.15pips

※ECN口座の固定手数料についての詳細は別記事をご参照下さい。また固定手数料のpips換算値は1米ドル=105円で計算しています。

100% SuperCharged Bonus

 

【関連記事】
優良海外FXブローカー3社(XM, Axiory, Titan FX)を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です