FxTradingToolのBidフォーカスモードのスコープを拡大

先日MT4用の裁量トレードツールFxTradingToolを大幅にアップデート(V8.0)したばかりですが(ブログ記事)、V8.0の新機能Bidフォーカスモードが不完全だったため今回V8.1にバージョンアップしました。

ユーザー様のご指摘により、指値/逆指値の買いにおいてもBidフォーカスモードではBidが注文ラインに到達したときに買いが発動するようにしました(下図参照)。ただしこの挙動にできるのは傾斜モードの場合です。水平モードではMT4標準の動きに従いBidフォーカスモードが有効であってもAskで買いの発動が判定されます。

Bidフォーカスモードでの買い発動タイミング(傾斜モードのみ)

Bidフォーカスモードでの買い発動タイミング(傾斜モードのみ)

さらに決済ラインについてもBidフォーカスモードの対象にしました。すなわちBidフォーカスモードが有効の場合は、常にBidが決済ラインに到達すると決済する動きとなります。

FxTradingToolの商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です