MT4をアップデートして不具合があった時の対処法(旧バージョンに戻す方法)

長らくMT4(MetaTrader4)を「Build 1170」というバージョンで使ってきましたが、つい最近「Build 1210」がリリースされたのでアップデートした所、今までと同じインジケーターなどの構成にも関わらず使い物にならないくらい重くなってしまいました。MT4を起動するにも時間がかかるようになってしまい、「ctrl + I」でインジケーターリストを表示しようとしただけでフリーズしてしまう始末です。

これでは話にならないので旧バージョン(Build 1170)に戻したら以前と同様問題なく動くようになりました。今回は同じように困っている方に向けて旧バージョンに戻す方法を載せておきます。なお本記事で戻せる旧バージョンはBuild 1170になります。またWindows10を前提に記事を書いています。

MT4を旧バージョンに戻すやり方

  1. 旧バージョン(Build 1170)のMT4実行ファイル(terminal.exe)を以下リンクからダウンロードしてください。
  2. MT4インストールフォルダにあるterminal.exeをダウンロードしたterminal.exeに置き換えてください。
  3. MT4を起動すると「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウィンドウが出てくるので「いいえ」を選択してください(ウィンドウが出てこない場合、コンピュータに対する変更の通知を受け取らない設定になっている可能性があります)。「はい」にしてしまうとまたバージョンアップしてしまいますので、毎回この選択が必要です。 

(留意点)
旧バージョンはいずれMetaQuotes社のサポート対象外となりブローカーのサーバーに接続できなくなります(ステータスバーに「旧バージョン」と表示されていると接続できていない状態です)。
いつかはアップデートしないといけませんが、旧バージョンに戻せるようアップデート前にterminal.exeをコピーしておくことをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です