日本版FXコピートレード”macaso(マカソ)”が口座開設の受付開始

日本では一昔前にはミラートレードなど多くのストラテジーから自分好みのものを選び自動売買させるコピートレードサービスがいくつかありましたが、規制が厳しくめっきり衰退した印象があります。

そんな中エキサイトの子会社エキサイトワンからFXコピートレードの新サービス”macaso(マカソ)“が爆誕しました。昨日(6/20)から口座開設可能で今夏にサービスを開始とのことです。

macasoは自動売買プログラムにトレードを任せる他に、優秀な100人程度のトレーダー(マカソムリエと呼称)をフォローしてコピートレードすることも出来ます。海外FXの世界ではプロトレーダーのトレードをフォロー出来るサービスMAM/PAMMというのがありますが、これに近いことが出来る訳です。

気になる手数料は、取引手数料はないようですが、助言報酬額というのがスプレッドに含まれるとのことです。この助言報酬額がいかほどかというと0.9pipsに取引量を乗じた額と書面に書いてあります。つまりドル円1ロット(10万通貨)の取引であれば900円ということかと思います。この他にもスプレッドがかかると思いますので通常のFX取引よりコストはかかりそうです。

まだこのサービスの詳しいトレード成績は分からないのでどれくらいのリターンが期待できるのか定かではないですが、日本のFX業界では今や稀有なサービスなので個人的には注目しています。ただ最近は優秀な投資信託などがある中でわざわざFXのコピートレードサービスを選ぶかは今夏サービス開始以降の活躍次第ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です