FxTradingTool

FxTradingTool_V6.0 ロゴMT4裁量ライントレードの質を高める最良ツール!!

◆本商品はGogoJungleで販売しております。

※動作環境によっては本商品の動きが遅くなる場合があります。ご購入前に必ずお試し版で普段のトレード環境にて動作確認をお願いいたします。ご購入後は販売サイトのルール上返金処理ができないためご注意ください。

主な機能

  1. 損切/利確、指値/逆指値の位置を水平線で視覚的に調整して注文(成行/指値/逆指値)を発注できます(もちろん損切/利確どちらか一方や両方とも設定なしでの発注もできます)。指値/逆指値は水平線だけではなく斜線を使って設定することもできます。逆指値(傾斜)のエントリー基準としてラインタッチまたは終値ブレイクをクリックで簡単に切り替えることもできます。
  2. 損切/利確を調整する時に便利なように、現在レート(または指値/逆指値ライン)から損切/利確までの距離(Pips)を表示します。さらに損切位置に対する利確位置の報酬比率を利確ライン上に逐次表示します。
  3. 損切/利確までのデフォルト距離はそれぞれ固定の設定もできますが、ボラリティを考慮して自動調整させることもできます
  4. 損切および利確ラインを指定の報酬比率(リスク・リワード・レシオ)になるよう自動で配置させることもできます。
  5. 現在レートにあわせて損切/利確ラインを追随させることもできます。
  6. ロット数は固定の設定もできますが、リスク%と損切の深さから複利計算させて自動調整させることもできます。その際に指定した最大レバレッジに収まるようロット数を抑える設定が可能です。さらにロスカットになるロット数も自動計算しロスカットにならないロット数に自動調整します(※1)。
  7. 複利でロット数を計算する方式は5種類あります。1つ目から3つ目までは証拠金(余剰証拠金/有効証拠金/残高)から計算する方式です。4つ目は入力した金額をもとにロット数を計算する方式です。5つ目はロスカットや必要証拠金などから最大ロット数を計算する方式になります。
  8. ポジションを分割して注文することができます。ピラミッディングや分割決済などに利用することができます。分割したポジションは、ワンクリックで一斉に注文する事も出来ます(同一内容での連続注文となります)。
  9. 売り注文時に自動的にスプレッド分だけ損切/利確位置を自動調整、および指値/逆指値の買い発動判定をBidで行うことができます(Bidフォーカスモード)。この機能はBidのみに着目するトレーダー用で、意図した損切/利確/注文ラインにBidが到達したときに決済/発注されるようにするための機能です。
  10. 設定したロット数を注文した場合の推定レバレッジを表示できます。オープンポジションの実効レバレッジも表示できます
  11. ブレイクイーブンを設定することもできます(固定手数料口座を考慮して、ストップを建値からどれくらい離すかも設定できます)。
  12. トレーリングストップを実行することもできます(固定手数料口座を考慮して、最初のストップ移動を建値からどれくらい離すかも設定できます)
  13. 全ポジションを一斉決済できます。
  14. 斜線(水平線も可)で全ポジションを決済させることができます。その際に分割値を指定して各ポジションを決済させることができます。ただしこの決済ラインは1チャートにつき1本のみの表示となります。
  15. 反対ポジションを全決済して新規ポジションをワンクリックで発注する途転モードがあります。当機能は現在のところ成行での新規ポジションのみ可能となっております。また両建てでは機能しません。
  16. 全待機注文を一斉キャンセルできます。指値注文は利確ラインに価格到達でキャンセルさせることもできます。
  17. ポジションの損益(Pips)を現在足の下方に表示させることもできます。
  18. 現在足の確定までの残り時間を表示させることもできます。
  19. 現在のボラリティを表示させることもできます。
  20. パネルは好きな位置に移動でき好きな大きさにも出来ます。非表示にする事も可能です。

※1 未決済ポジションがある場合と証拠金維持率に基づきロスカットしないタイプの口座の場合は、ロスカットを考慮したロット数計算はできません。

※2 上記10〜16の機能は当ツールを適用している通貨ペアに対する全ポジションが対象となります(=当ツール以外を使っての注文も対象)。

スクリーンショット

指値/損切/利確ラインを設定中の画面(指値ラインを水平線で設定)
指値/損切/利確ラインを設定中の画面(指値ラインを水平線で設定)
逆指値/損切/利確ラインを設定中の画面(逆指値ラインを斜線で設定)
逆指値/損切/利確ラインを設定中の画面(逆指値ラインを斜線で設定)
ポジション保有後の画面(決済ラインあり)
ポジション保有後の画面(決済ラインあり)
パラメータ
パラメータ

お試し版

お試し版を以下ボタンからダウンロードいただけます。

お試し版の注文処理については、OANDAのデモ口座でのみご利用可能です。それ以外の機能は制限をかけておりません。

商品ファイル

  • 商品本体(ex4ファイル)
  • 商品マニュアル(pdfファイル)

動作環境

動作対象はFX取引のみとなります。

MetaTrader4(MT4)上で動作します。
以下の環境で動作確認済みです。

  • CPU : Intel Core i7 2.20GHz
  • メモリ : 2GB
  • Windows10 Home
  • MT4 Build 1260

変更履歴

V8.6

  • V8.5の変更で発生した不具合を改修(一部の内部変数の初期化回路を修正)
過去の変更履歴
V8.5

  • 証拠金からロット数を算出する方法において余剰証拠金/有効証拠金/残高から選択可能に修正
  • 水平線の設定ラインに価格表示を追加
  • 時間軸やMT4の再起動でもラインなどの表示を維持するように修正
  • パフォーマンスの改善

V8.4

  • 傾斜モードかつ入力額ベースモードにおいて指値/逆指値のロット数計算の不具合を修正

V8.3

  • 各種ラインと目線ボタンの色をパラメータ化
  • デフォルト右上に表示する各情報の位置をパラメータで設定可能に修正
  • 利確ラインに価格到達で指値注文の自動取消機能を追加
  • 「全消」機能の対象を傾斜モードまで拡大
  • パネル全体の表示状態と位置をMT4再起動でも保持
  • 報酬比率に関連する補助パネルを追加

V8.2

  • 複利機能を拡充
    • 自動ロット数計算方式を3種類から選択可能に変更
    • 今までの証拠金からロット数を算出する方式の他に、入力額から計算する方式と最大ロット数を算出する方式を追加
  • 傾斜モードの逆指値に約定判定基準を追加
    • 逆指値ラインにタッチして約定とするか終値でブレイクして約定とするか選択可能に変更
  • 水平モードの注文ラインのラベルを分かりやすく修正
  • 傾斜モードの発注済みの注文ラインを削除すると連動してSL/TPラインも削除されるように修正
  • ワンクリックでラインを水平化する機能を発注済みの注文ラインにも拡大

V8.1

  • Bidフォーカスモードのスコープを拡大
    • 傾斜モードにおいて買いの指値/逆指値の発動判定にBidを利用
    • 決済ラインの発動判定に常時Bidを利用

V8.0

<新機能>

  • 斜線(水平線も可)での決済(分割決済も可)
  • 成行による反対ポジション一斉決済&新規ポジション発注(途転モード)
  • 売り注文時に損切/利確価格をスプレッド分自動調整(Bidフォーカスモード)
  • ロスカット(証拠金維持率)を考慮したロット数計算
  • 報酬比率による損切/利確ラインの自動配置
  • 現在レートに損切/利確ラインを追随
  • 報酬比率を利確ライン上に逐次表示
  • 発注前の斜線をワンクリックで水平化
  • 音声選択
  • 補助パネルの位置選択
  • 通貨ペアまたは時間軸変更前後でメインパネル表示状態および位置を引き継ぎ

<既存機能の改善>

  • 斜線のラベルを分かりやすい表記に修正
  • 「複数ポジションの有効化」パラメータの廃止(シンプル化)
  • 「足確定残り時間の更新タイミング」パラメータの廃止(シンプル化&新機能のため)

<不具合対応>

  • 目線ボタンを押している状態で反対目線のボタンを押すとラインのラベルが消える問題を解消

V7.1 – 「足確定残り時間」の更新タイミングを修正しパフォーマンスを改善

V7.0 – ユーザビリティの改善

  • パネルの移動/拡大/縮小が出来るよう修正
  • 複利モードへの変更とリスク%入力をチャート上で出来るよう修正
  • 目線ボタン押下と同時にSL/TPを表示できるようにするパラメータを追加
  • 買いと売りの色をまとめて設定できるパラメータを追加
  • スプレッドやレバレッジ情報などを即座に表示するよう修正
  • ロット数入力欄のユーザービリティを向上
  • パフォーマンス改善

V6.6 – 一部のブローカーで発生するロット数の表示桁不具合を解消。

V6.5 – 「指値/逆指値ラインの初期設定位置」パラメータを追加。ラインを選択した状態で初期表示するよう修正。

V6.4 – 分割ポジション一斉注文機能を追加。

V6.3 – ブレイクイーブン/トレーリングストップを適用している通貨ペアの全ポジションを対象に変更。

V6.2 – 損益表示/足確定残り時間/ATR/推定レバレッジ/実効レバレッジのフォントカラー指定パラメータを追加。

V6.1 – ボタン類のワンクリック表示/非表示切り替え機能を追加。テキストフォントサイズの調整パラメータを追加。

V6.0 – レバレッジ表示を追加。待機注文一斉キャンセル機能を追加。初期モードを設定可能に修正。

V5.0 – 指値/逆指値を傾斜したライン(トレンドライン )で設定出来るように修正

V4.0 – 指値注文機能とポジション分割機能を追加

V3.1 – 損益表示と一斉決済機能の対象を拡大(当ツール以外からの注文も対象)

V3.0 – トレーリングストップ機能を追加

V2.1 – SL/TP手動モードにも関わらずデフォルト利確幅が設定通りにならない問題を修正

V2.0 – 逆指値注文機能を追加