優良海外FXブローカー3社(XM, Axiory, Titan FX)を徹底比較

どの海外FX会社紹介サイトでもだいたい高評価で、私も実際に利用している海外FXブローカーの中で最も信頼を置くXM(XMTrading)とAxioryとTitan FXを様々な角度から比較してみました。

なおこの記事は随時更新しております。

基本情報

  xm_logo axiory_logo titanfx_logo
金融ライセンス発行元

セーシェル金融庁

ベリーズ国際金融サービス委員会 バヌアツ共和国金融当局
理念 BIG. FAIR. HUMAN. 「業界への挑戦」と「お客様の利益の最大化」 不明
設立年 2009年 2013年 2014年

口座タイプ

※FX取引方式についてはこちらに詳しくまとめてあります。

NDD STP MT4/MT5
NDD ECN MT4/MT5

NDD STP MT4
NDD ECN MT4
NDD STP cTrader
NDD ECN cTrader

NDD STP MT4
NDD ECN MT4
顧客資産の管理 顧客資産は会社資産とは分別し、破綻時は第三者機関にて顧客資産を全額補填 顧客資産は会社資産とは分別し、破綻時は第三者機関にて顧客資産を全額補填 顧客資産は会社資産とは分別し、破綻時は第三者機関にて顧客資産を全額補填
最大口座数 8口座 10口座 5口座
マージンコール 50% 50% 90%
ロスカット 20% 20% 20%
両建て
追証 なし なし なし
最大レバレッジ 888倍 400倍 500倍
最小ロット数 0.01 ロット 0.01 ロット 0.01 ロット
最大ロット数 100 ロット 1000 ロット 100 ロット
GMT時差 夏時間: +3
冬時間: +2
夏時間: +3
冬時間: +2
夏時間: +3
冬時間: +2
通貨表示桁 3桁/5桁 3桁/5桁 3桁/5桁
取引手数料

 

【STP口座】
  変動スプレッド(広い)【ECN口座】
  変動スプレッド(激狭)
固定手数料(詳細)

【STP口座】
  変動スプレッド(広い)
【ECN口座】
  変動スプレッド(激狭)
  固定手数料(詳細
【STP口座】
  変動スプレッド(広い)
【ECN口座】
  変動スプレッド(激狭)
  固定手数料(詳細)
口座維持手数料 なし なし なし
ボーナス あり
口座開設ボーナス
入金ボーナス
なし なし
日本語サポート あり あり あり
取引サーバーの設置場所 ロンドン 香港
ロンドン
ニューヨーク
ロンドン
公式サイト ホームページ ホームページ ホームページ

 

XM/Axiory/TitanFX 各本番口座の同時間帯スプレッド比較

XM/Axiory/TitanFXそれぞれのSTP/ECN本番口座を同じ時間に並べて撮影した動画です。
欧州時間とニューヨーク時間が重なりトレードが最も活発な22時台に撮影しました。
主要8通貨ペアの価格とスプレッドの変動を比較確認出来ます。
スプレッドは「!」列になります。この値はポイントなのでpipsにするには1/10にして下さい(15であれば1.5pips)。
(もしポイントとpipsの違いが曖昧であればこちらの記事を参考にしてみてください)

左上: XM スタンダード口座(STP)
右上: XM ゼロ口座(ECN)
左中: Axiory スタンダード口座(STP)
右中: Axiory ナノスプレッド口座(ECN)
左下: TitanFX スタンダード口座(STP)
右下: TitanFX ブレード口座(ECN)


1週間まるまる1分間隔でスプレッドを計測し集計した結果を別記事にまとめています。
1週間の時間帯別スプレッドの傾向などなどご確認頂けるかと思います。

XM/Axiory/TitanFXの本番口座スプレッドを1週間まるまる計測

アメリカ雇用統計時の値動き比較

XM/Axiory/TitanFXそれぞれのSTP/ECN本番口座についてアメリカ雇用統計時の値動きを撮影した動画です。
雇用統計発表1分前から発表後5分間を撮影してあります。主要8通貨ペアの価格変動とスプレッドおよびドル円1分ローソク足の動きをご確認頂けます。

左上: XM スタンダード口座(STP)
左下: XM ゼロ口座(ECN)
中上: Axiory スタンダード口座(STP)
中下: Axiory ナノスプレッド口座(ECN)
右上: TitanFX スタンダード口座(STP)
右下: TitanFX ブレード口座(ECN)

取引コストの比較

XM/Axiory/TitanFXの各口座の取引コストをpips換算で比較したのが下表です。

スプレッドは上記で実測したスプレッドの中央値を採用しました。

総取引コストが最も安いのはAxioryとTitan FXのECN口座という結果になりました。約定力(以下約定力の項目もあります)も考慮する必要は御座いますが(長期トレーダーはスワップポイントも要考慮。下記スワップポイントの項目もご参照ください。)、スキャルピングなど短期売買のため取引コストをなるべく抑えたい方はこの2つの口座が良いでしょう。なおXMはAxioryとTitan FXに比べると少しコストがかかるように見えますが約定力は抜群に良いです。注文を滑らしたくない方はXMという判断も良いかと思います。

  XM Axiory Titan FX
STP口座

<スタンダード口座>

スプレッド中央値: 1.5pips

<MT4スタンダード口座>

スプレッド中央値: 1.3pips

<スタンダード口座>

スプレッド中央値: 1.1pips

ECN口座

<ゼロ口座>

スプレッド中央値: 0.1pips
固定手数料: 10USD(約1.05pips)
——————————
合計: 1.15pips

<MT4ナノスプレッド口座>

スプレッド中央値: 0.3pips
固定手数料: 6USD(約0.63pips)
——————————
合計: 0.93pips

<ブレード口座>

スプレッド中央値: 0.2pips
固定手数料: 7USD(約0.74pips)
——————————
合計: 0.94pips

※ECN口座の固定手数料についての詳細は別記事をご参照ください。また固定手数料のpips換算値は1米ドル=105円で計算しています。

スワップポイントの比較

下表は、1ロット(10万通貨)あたりのスワップポイント(1日単位)です。括弧内は円換算値です。
比較対象通貨ペアは、比較的金利差が大きく暴落リスクも小さいドル円とクロス円を選んでいます。

スワップポイント狙いならTitan FXが比較的有利と見て取れます。

なおAxioryのスワップポイントは、トルコリラ(TRY)に関する通貨ペア以外は基本固定です。XMとTitan FXのスワップポイントは全通貨ペアを対象に変動します。

更新日 : 2019年8月1日

  USD/JPY AUD/JPY NZD/JPY
買い 売り 買い 売り 買い 売り
XM 5.25
(525円)
-11.24
(-1,124円)
-0.24
(-24円)
-5.94
(-594円)
0.63
(63円)
-6.57
(-657円)
Axiory -0.26
(-26円)
-2.83
(-283円)
2.15
(215円)
-8.71
(-871円)
2.79
(279円)
-10.24
(-1,024円)
TitanFX 9.15
(915円)
-15.38
(-1,538円)
3.27
(327円)
-6.78
(-678円)
4.67
(467円)
-7.85
(-785円)

 

約定力の比較

ここで想定している約定力とは、注文価格と約定価格の差が小さいかどうかとなります(つまりスリップページが小さければ約定力大)。

比較方法は、米国雇用統計発表直後の逆指値の注文価格と約定価格の差を各本番口座で実トレードして測定しました。
理由は、まずLocal環境の影響を受けない事前に注文を設定できる指値か逆指値注文の内、よりスリップページが発生しやすい逆指値注文を比較対象にしました。さらに最も注目度が高い経済指標の米国雇用統計発表直後は注文が集中しサーバー力の差が現れやすいと考えた為、上記の方法を採用しました。

結果は下表の通りです。
どの口座も米国雇用統計発表後10秒以内に注文価格に達し約定しているのですが、ものすごい負荷がかかっている割にはどれも優秀だと言えます。XMのSTP口座にいたっては0.1pipsしか滑っておらず普段と変わらない約定力を維持していました。正直最も悪条件な中この程度の差なら通常取引であればどの口座でも約定力に関しては全く問題ないかと思われます。イベントトレードする方で0.1pipsを争うということであれば、XMのSTP口座やAxioryのECN口座はかなり使えるのではないかと思われます。

ブローカー 口座種別 注文価格
(ドル円)
約定価格
(ドル円)
スリップページ(pips)
XM STP口座 112.700 112.699 0.1
ECN口座 112.700 112.695 0.5
Axiory STP口座 112.700 112.693 0.7
ECN口座 112.700 112.698 0.2
TitanFX STP口座 112.700 112.689 1.1
ECN口座 112.700 112.694  0.6

 

エビデンス

XM STP口座XM_STP_transaction

 

XM_STP_account

 

XM ECN口座XM_ECN_transaction

XM_ECN_account

Axiory STP口座Axiory_STP_transaction
Axiory_STP_account

Axiory ECN口座Axiory_ECN_transaction

 

Axiory_ECN_account

TitanFX STP口座TitanFX_STP_transaction

 

TitanFX_STP_account

TitanFX ECN口座TitanFX_ECN_transaction

 

TitanFX_ECN_account

 

入出金方法の比較

XM/Axiory/TitanFXで入出金方法はバラバラで分かりづらいので比較整理してみました。

比較してみると、XMはオーソドックスでAxioryはビットコイン(bitpay)と国内銀行の出金手段を扱っている点に特徴がある事が分かります。Titan FXは銀行送金手段を取り扱っていない代わりにクレジットカードの取り扱いブランドが手厚く、mastercardやAMERICAN EXPRESSも利用できる点がユニークです。

XMは利益分の出金は銀行送金しか使えないため、実質銀行送金を入出金手段の主軸に置く事になるかと思います。Axioryはbitwalletの取り扱いが終了した代わりにSTICPAYが使えるようになりましたが、STICPAYでの国内銀行出金手数料は「800円+1.5%」と割高なので出金の反映スピードも早い国内銀行送金を主軸に置くのがベターです。Titan FXは何と言っても利益分も出金可能なbitwalletが使えます。bitwalletは国内銀行への出金が定額824円で使え、TitanFXからの出金も即時に完了し使い勝手が良いのでbitwalletを使うのがベストです。

XM_Axiory_TitanFX_入出金方法の比較

 

入金方法の比較

入金手段 XM
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
Axiory
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
Titan FX
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
銀行送金(国内)

銀行振込手数料 ※1
着金後1時間以内

銀行振込手数料 ※2
1営業日以内

銀行送金(海外)

銀行振込手数料 ※2
3-10 営業日

VISA

無料
即時

無料 ※2
即時

無料
即時

mastercard 無料
即時
JCB 無料
即時

無料 ※2
即時

AMERICAN EXPRESS 無料
即時
bitwallet 無料
即時
無料
即時
STICPAY 無料
即時
無料 ※2
即時
NETLLER ※3 無料 ※2
即時
無料
即時
Skrill ※3 無料 ※2
即時
無料
即時
bitpay

無料 ※2
確認後15分以内(営業日内)

※1 10,000円未満の場合は、980円の手数料が別途発生
※2 20,000円未満の場合は、1,500円の手数料が別途発生
※3 日本在住の場合は利用不可


出金方法の比較

出金手段 XM
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
Axiory
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
Titan FX
(上段: 手数料)
(下段: 反映時間)
銀行送金(国内)

無料 ※2
1営業日以内

銀行送金(海外)

被仕向送金手数料
2-5営業日

被仕向送金手数料 ※2
3-10営業日

VISA

無料 ※1
2-5営業日

無料 ※1※2
3-10営業日

無料 ※1
1営業日-4週間

mastercard 無料 ※1
1営業日-4週間
JCB 無料 ※1
2-5営業日
無料 ※1※2
3-10営業日
AMERICAN EXPRESS 無料 ※1
1営業日-4週間
bitwallet

無料 ※1
同日

無料
即時

STICPAY 無料 ※1
同日

無料 ※2
即時

NETLLER ※3

決済会社手数料 ※2
即時

3.75%
1営業日以内

Skrill ※3 決済会社手数料 ※2
即時
3.75%
1営業日以内
bitpay

無料 ※2
1-5営業日

※1 入金額まで出金が可能
※2 20,000円未満の場合は、1,500円の手数料が別途発生
※3 日本在住の場合は利用不可

 

XM_口座開設

Axiory_口座開設

TitanFX_口座開設

 

【関連記事】
XM/Axiory/TitanFXの本番口座スプレッドを1週間まるまる計測
新鋭海外FXブローカーのHotForexをXMと比較してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です