押し安値/戻り高値を混乱しないための考え方(図解つき)

押し安値/戻り高値は重要な概念かつダウ理論の基礎になりますが、色々なチャートパターンを考え出すとどこが押し安値/戻り高値なんだとか混乱してきます。その状態でトレードに活かすのはなかなか難しいのではないでしょうか。

混乱する大きな要因は押し安値/戻り高値をチャートに並存させて考えている所にあると思います。押し安値/戻り高値はどちか一方しかチャート上に存在しないと考え、さらに言うと押し安値または戻り高値はチャート上に常に1つしかないと考えるとすっきりします。

押し安値/戻り高値をシンプルにする考え方
  • 押し安値をつけた高値を上抜けた場合、上抜けた波の基点(安値)が新しい押し安値となり前回の押し安値はただの安値とする(戻り高値はその逆)
  • 押し安値を下抜けた場合、下抜けた波の基点(高値)が戻り高値となり今まであった押し安値はただの安値とする(押し安値はその逆)

 

この考え方を使うと過去の押し安値(重要な安値)/戻り高値(重要な高値)を基点にした大局的な波と局所的な波を区別できることも利点になります。下図で言うと点線楕円部分に振り回されなくてすみます。

押し安値/戻り高値のメリット
  1. 重要な安値高値(押し安値/戻り高値)と普通の高値安値を区別でき大きな波と細い波を識別できる。
    (上記考え方によるメリット)
  2. 押し安値/戻り高値を境に買いと売りの大局的な優位性が分かる。
押し安値戻り高値の図解

押し安値/戻り高値の図解