海外FXやるならキャッシュバックサービスを使わないと大損ですよ

先日海外のFXブローカーを使いだして1年程たつという方にお会いしたのですが、気の毒なことにキャッシュバックサービスの存在をご存知ありませんでした。どれくらい気の毒かというと、その方はおおよそ月に50ロットくらい取引するということなのでキャッシュバックサービスを使っていればざっくり1年で50万円以上が還元されていた計算になります。

しかしなんでそんなうまい話があるのかと一見怪しく思われるかもしれません。そこで海外FXのキャッシュバックサービスがどういう仕組みなのかを図を交えながら今回説明しようと思います。

キャッシュバックサービスの仕組み

キャッシュバックサービスの仕組み

まずキャッシュバックサービスを運営している業者は、Introducing Broker(IB)と呼ばれます。IBはFXブローカーとIB契約を結んでいて、IBが運営するサイト経由でFXブローカーの口座を開設したトレーダーの口座はそのIBと紐づくことになります(サイトアフィリエイトに近いです)。そしてトレーダーがその口座で取引する度に取引手数料の一部をIB報酬としてIB側が受け取れるので、さらにその一部をトレーダーにキャッシュバックするという仕組みです。

このようにトレーダーからするとIBを経由して口座を開設するだけで取引手数料の一部が還元されトレードコストを抑えることが出来ます。FXブローカーとしてもIBによって会社が紹介され、口座が開設され実際に取引があれば手数料が増えるので嬉しい訳です。

IBは今や当たり前の制度ですしIBになるにはFXブローカーの承認が必要です。また、IB側はトレーダーの取引詳細(エントリー/エグジットタイミングなど)や個人情報は知ることが出来ませんので情報漏洩の心配はいりません。

ただIBの中には出金を拒否したりキャッシュバック額を意図的に少なくしている悪質な業者がないとは言えませんので、評判が悪い業者は避けた方が無難です。

最近の有名なキャッシュバックサービスは、FinalCashBack/FXRoyalCashBack/TariTaliといったところでしょうか。FinalCashBackとFXRoyalCashBackは古株で扱っているブローカーの数が多いです。

またFinalCashBackにはコピートレードというサービスがあります。このサービスはMT4のトレードをインタネット経由で別のMT4にて同じトレードを再現させるサービスです。ただトレードをインターネット経由でコピーするので当然タイムロスがありスキャルピング系のEAでは完全再現は難しいと思われますし、口座縛りにしているEAのトレードも無理矢理コピーしてしまうので道義的に問題がないとは言えません。

TariTaliは比較的新しいキャッシュバックサイトですが人気があるようです。信頼が置けるFXブローカーに絞ってサービスを展開しているようなので対応ブローカーは少な目です。

手前味噌ですが弊社もTradingToolBoxというキャッシュバックサイトを運営しています。実際に私がリアルトレードに利用していて信頼しているブローカーしか扱っていません。キャッシュバック率は一番を目指していて、上に挙げた3社が最大でも80%のキャッシュバック率なところ、弊社は月間取引量に応じて最大90%まで還元しています。もちろん出金拒否やキャッシュバック額を減らしたりなどの不正は致しません。誠心誠意対応する所存でおります。

良かったら弊社の運営するキャッシュバックサイト TradingToolBoxを覗いていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です